オッサンとようじょ(少女)bot過去ツイ置き場

オッサンとようじょ(少女)bot過去ツイ置き場

管理していた「オッサンとようじょbot」のネタツイ倉庫です。オッサンとようじょ(少女)創作のお題としてご自由にお使いください。報告やリンクや出典表記はなくてもかまいません。

※やめてほしいこと
  • この文章をそのまま使用したbot化・お題サイトへの投稿等の二次配布
  • 元ネタの自作発言
基本ネタ

・謎の少女に唆されて連続殺人をしてしまい夜な夜な立派なお屋敷に死体を運び少女に差し出すオッサンください 地味な着流しで包丁か鉈か鎌持ちであればより良いです

・オッサンはある組織の一員とかアンドロイドとかでそれを隠してるんだけどひょんなことからその体の刺青やバーコードを少女に見られて顔赤くしたり青ざめたりするやつください

・よくさあ、少女が水とかに落ちて介抱されて気付いてバッて体隠して赤面するやつあるじゃん、それオッサンでやりたい

・今なんだかいうアイスのCMでブロンドのようじょが女性のすくったアイスのスプーンを横からぱくってしてて超絶萌えたのでこれオッサンようじょでくれ頼む

・クズオッサンが天使ようじょに出会って最初はクズのままなんだけどだんだんほだされてきて後半はそのクズっぷりを遺憾なく発揮してようじょを守る側に立ち「俺もヤキが回ったな…!」とか言いながらようじょを抱きかかえて窓ガラス割って飛び降りたりしてくれるやつください

・嫁とお腹の子供を大水で亡くしてから腑抜けたように生きてる寡夫のオッサンを、水害鎮めるために近くの水神様に人身御供として差し出したら水神様が蛟のようじょでそのまま人ならざるモノに変えられ嫁に貰われるオッサンください

・人工的に作られたようじょ兵器の研究チームにいた冴えないオッサンが徐々にようじょと心を通わせていきやがて実践登用されることになったようじょがオッサン連れて逃げようとするんだけど途中で本能に逆らえずもぐちゅしてしまい気が付いて死体見てからの発狂国滅亡パターン

・マフィアとかの組織で首領の娘のロリが首領より自分に忠誠を誓っているガチムチ寡黙グラサンオッサンを這いつくばらせて踏んだり顎を蹴ったりナイフでちょっと傷付けたりして試すんだけどオッサンは意にも介さずようじょが危ないときには命を張って守ってくれるやつ

・ようじょに首輪つけられて「闘犬」として飼われることになったオッサンが他の「闘犬」のオッサンと闘ってランクを上げつつようじょと心を通わせていきやがて闘犬システムを作った巨悪に立ち向かってゆく王道ストーリーだがことあるごとにようじょが首輪締めてくるやつ

・近所の少女のことを心から愛していて、彼女に害をなそうとする痴漢とかストーカーとかコンビニの店員とか先生とかをこっそり殺し続けている偏愛サイコオッサンください

・あのね、ようじょがね、新聞読みながらこっくりこっくりしてるオッサンのあぐらかいてる足の間にちょこんとはまっててね、オッサンが気付かないようにほっぺにちゅーするゲームしてたらいいよね

・血の繋がってないオッサンとようじょが休日に昼まで一緒にお寝坊して遅い朝食食べて午後からバスに乗って買い物に出かけて家に帰って一緒に晩御飯作って食べて借りてきた映画見てきゃーきゃー言ってベッドに入って映画の感想喋りながらだんだん眠くなって二人で寝ちゃうまでの一日ください

・人工的に作られた破壊兵器のオッサンとそれを唯一制御できるようじょが戦争が終わって二人で森で暮らしてたら処分命令をくだされた兵士によって追い立てられて破壊兵器の本領を見せるオッサンだがようじょまで殺しそうになったとこで我に返って兵士に殺されるやつください

・偉そうなようじょを守る騎士オッサンはいいものですね

・ピカピカのエナメルの靴でオッサンの頭を踏むようじょください

・オッサンとようじょの添い寝を摂取しないと死ぬ病気なんです

・オッサンがようじょに絵本読んでたら眠気と疲れでわやわやになってきてなんか変な登場人物が出てきたり変な話になっていくのをなんか今日のお話は面白い!ってようじょが全然眠らないやつください

・サイコパスオッサンがようじょを次々と殺して食べるんだけど不思議なことにある日生き返ったようじょたちがお腹を割いて出てきてオッサンをバラバラにして食べてしまうやつください

・ようじょを敵の手から守りながらも精神的にはようじょに依存してるオッサンください

・オッサンが敵の女幹部に捕まってようじょと離れ離れになって「あの娘がいないと何もできないくせに」ってヒールで頭ぐりぐりされるといいですねください

・ノリのいいスウィングに合わせてくるくる踊るオッサンとようじょください

・ようじょ吸血鬼に食料として飼われるオッサンください

・女の子というものに対して夢を見ているオッサンが少女にめちゃくちゃに踏みにじられるやつください

・人間に混じって正体隠して暮らしてるオッサンアンドロイドがひょんなことからようじょを守って顔のシリコン肌半分ブチ剥がれたり脇腹持ってかれてコードぶら下げたりしてるやつください

・オッサン型ロボはメンテ中をようじょに見られて 「…あんまりじろじろ見るなよ…」って恥ずかしがるまでがセットですよ

・ようじょのちったいしろい足で踏みつけられてるオッサンください

・オッサンの名前があだ名とかで呼ぶと女みたいな響き(まさみとか)で、ようじょが呼び捨てにしてるとカワイイ爆発ですね ようじょが「昨日まさみがさー」って喋ってても誰もそれがオッサンだとは気付かないじゃないですかください

・ふりふりのおようふく着たようじょがごっつい拳銃で瀕死のオッサンにトドメをさしましょう

・ようじょがオッサンに首輪つけて飼ってる世界がどこかにあると思うんですよ

・生まれた時からロボに乗って人を殺してきたロリがひょんなことから冴えない整備士のオッサンに恋してしまうも軽くあしらわれたりなんだりする話ください

・休日の朝に寝坊してベーコンエッグとパンのつつましやかな朝食を食べて二人で街に買い物に出かけあーでもないこーでもないと言い合いながら大きな椅子と小さな椅子を買って帰ってくるオッサンようじょください

・オッサンが一緒に旅をしてきた少女に異形化したところを見られて唸りの混じった震え声で見るなって言う感じのやつください

・お金持ちのようじょのボディーガードにつけられた元傭兵のオッサンが「わたしの横を歩くならむさくるしい恰好しないで!」って言われて着たこともない上等のモーニングを与えられて蝶ネクタイをようじょの手で結んでもらうやつください

・くたびれおんぼろコートの裾をようじょにすんすん嗅がれて「…くさい…」って言われて傷つくオッサンください

・奔放なオッサンが真面目女子をおかたい女の子だなあってからかってたら彼女が土壇場で見せた思い切りと度胸に度肝を抜かれるのください

・破戒僧オッサン神父がようじょ悪魔を守りながらゾンビをバッタバッタと退治したりようじょ悪魔の誘惑をさらっと躱したりその悪魔から離れなさいとか言って迫ってくる天使も追い返したりしまいには天界と地獄を巻き込んだ大戦争にロケラン持って殴り込みかけたりするやつください

・ようじょがオッサン好き好きで幼いながらも精一杯のアプローチをしてくるのをオッサンは軽くあしらってようじょがめっちゃ怒るやつくれ…成長して女になりかけのギリギリ少女がパワーアップしたアプローチかけてくるのを全く同じ態度であしらうオッサンとかもくれ

・ロリお嬢様が部下のガチムチオッサンを鞭で躾ける話ください

・ようじょに化け物と罵られても必死で守ろうとするオッサンください

・サドロリに拷問されるオッサンください

・少女に拉致監禁されてお世話されていくうち次第に狂っていくオッサンください

・オッサンは少女に恋愛的な感情は一切抱いてないんだけど少女からオッサンに迫るのは全然ありというかむしろ大好物なので少女に迫られてたじたじのオッサンください

・オッサンがある夜寝苦しくて目を覚ますとベッドに縛り付けられており腹の上に少女が乗っていてぎゃーってなるやつください

・腹とか刺されて死にかけのオッサンがそれを気づかれないようにようじょに会いに行って何も知らないようじょに震える声で絵本を読んであげながらゆっくり死ね

・人喰いようじょに食べられるオッサンください

・少女が上司でオッサンがその狗ってやつください 服従の印に少女が手ずからオッサンにピアスあけてあげるやつください

・少女が遊びに行ったらオッサンがするめを肴に酒飲んでてそのするめを餌にザリガニ採りとか教えるやつください

・全然血の繋がらないようじょをひょんなことから預かることになり二人で手を繋いで歩いてたら近所のおばさんに声掛けされて関係をうまく説明できずしどろもどろになって怪しまれるオッサンと冷静に説明して事なきを得るようじょください

・山奥の見捨てられた社に今にも消えかけながら細々と住んでるオッサン下級神のところにある日突然捨て子同然でようじょがやってきて最初は追い返そうとするんだけど行く宛もない孤児なのでだんだんオッサン神も絆されてきてようじょは巫女として育っていくやつください

・もうあんま血もいらないから静かに暮らしたい吸血鬼オッサンのところへ少女シスターがやってきて持ち前の明るさと無邪気さで改心させようとしてカーテン開けたりニンニク食わせたりしてオッサン吸血鬼が毎回死にかけるやつください

・相手がいないので近所のようじょに将棋教えてたらいつの間にか自分より強くなってて毎回負けそうになってタイムを繰り返しその度にアイスを奢らされるオッサンください

・殺し屋的なオッサンがひょんなことからようじょを預かることになり情報屋と電話でシリアスな打ち合わせをしていたら突然ようじょの声が入り微妙な沈黙のあと「…誘拐はリスクが高いぞ」「違う」「身代金を要求するならあまり釣り上げない方が」「違う!!!」ってやつください

・サイコパス少女にストーカーされて常に命の危機に晒されているオッサンください

・ようじょのかぼちゃぱんつを洗うオッサンください

・地獄でも成績悪くてリストラ寸前の死神オッサンが最後のチャンスだと行かされた先が病気のようじょのところで魂を刈り取るのを躊躇っているうちに天使も迎えに来て葛藤しながら天使とようじょの魂を取り合って戦ったりようじょにうっかり姿を見せてしまい交流がはじまるやつください

・やつれ気味で病院着のオッサンがいつもにこにこしながらようじょと話したこととか遊んだこととか今日のようじょの服装とかを話してくれるんだけどここは精神病院でようじょなんてどこにもいないやつください

・オッサンとようじょが些細なことからケンカしてようじょが「オッサンなんて大嫌い!」って向こう行っちゃうんだけどしばらくして戻ってきてぷるぷるしながら裾掴んで「…さっきの嘘だから」って言うやつください

・化け物に変身しちゃったオッサンがようじょに見られて唸り声で「…来るな」って言うんだけどようじょはオッサンだとわかって震えながら近付いて来て「こわくないもん」「…泣いてんじゃねぇか」「こわくないもん!」って鱗の生えた肌に小さい手で恐る恐る触れるやつください

・ようじょが近所の空き地の縄張り争いにオッサンの靴下を最終兵器として持ち出したということを知って自棄酒するオッサンください

・近未来で電子犯罪を取り締まるオッサン刑事が、天才的なハッカーで電脳世界では無敵であるようじょと組まされて、保父じゃねえんだぞと愚痴りながら電脳犯罪組織を追うサスペンスください

・貧乏海賊のオッサン船長が久々に大物の船を襲ったら乗っていたのが陰謀で島流しにされたようじょのお貴族様で逆に海賊船を占領され故郷に送らされるついでにお家転覆の片棒を担がされるやつください

・独身貴族で男の一人飯しか作ってこなかったオッサンがひょんなことからようじょを預かることになり食べたいものを聞いたら「…ハンバーグとか…オムライスとか…」と言われネットで調べたりして試行錯誤でなんとか作り上げ「おいしい!」って言われてホッとするやつください

・持ち帰り仕事があるためようじょを先に寝かせて一人で深夜まで頑張ってたらいつの間にか寝てしまい、朝机で目を覚ますと肩に毛布が不器用にかけられていて思わずふっと笑うオッサンください

・オッサンがホラーゲームを買ったはいいけど怖くて進めなくてほっぽってあるのをようじょが見つけてケロッとした顔でプレイし出し、話が気になるオッサンが横で毛布被ってギャーギャー言いながら見てるやつください

・体がだんだん石化していく呪いにかかったオッサンが癒しの力を持つようじょを守りながら旅をしてて夜はそのようじょに呪いを癒してもらってたり旅の終盤でとうとう半身動かなくなってようじょを助けに行くために足を斬り落としたりするやつください

・行きつけの娼館があるくらい遊び人のオッサンがある日突然あなたの娘ですと名乗るようじょに押しかけ娘されて誰との子だと焦りながら母親探したり生意気なようじょと衝突しながら仲良くなっていったり実はようじょは赤の他人だということがわかって右往左往したりするやつください

・辺境惑星での戦闘中謎の生命体に襲撃され自分一人を残して部隊が全滅したオッサンが逃げ込んだ先のコロニー跡で冷凍睡眠するようじょを目覚めさせてしまい一緒に脱出しようとするも実はようじょは謎の生命体に「女王」と呼ばれる存在だということがわかり惑星の謎に迫ったりするやつください

・ようじょがすぐ泥んこになるから乾いてる服がなくなって仕方なくオッサンが自分のトランクスとよれよれのタンクトップ着せてあげるやつください

・酒場の隅っこで一人で酒飲んでる腕利き用心棒のオッサンに仕事を頼もうと緊張しながら近付いたら帽子の影からギロリと睨まれて死を覚悟した瞬間オッサンのマントの中からようじょがぴょこんと顔を出して「うちのにお仕事?前金で300だよ」って言われるやつください

・リストラと借金苦で自殺しようとしたオッサンが偶然にも謎の組織に追われるようじょを匿うことになり生意気なようじょに命令されたり振り回されたりしながら借金取りや元同僚も巻き込んで笑いありアクションありの大スペクタクルを繰り広げるやつください

・煙草吸ってるオッサンの横で真似してココアシガレットすぱすぱするようじょください

・クスリの切れたオッサンが震える手でクスリを探すんだけど届きそうなところでようじょが取り上げて流しに捨ててしまい、泣き喚くオッサンの頭を優しく抱きしめるやつください

・未開の惑星の生物を調べに行ったオッサン科学者がうっかり知的生命体に接触しそこの文化で求婚行動とされることを行なってしまったため宇宙人ようじょに婿とみなされ懐かれて甲斐甲斐しく世話を焼かれるやつください

・名家のようじょ付きのオッサン執事がようじょの無茶振りに頭を悩ませたりすぐいなくなるようじょを走り回って探したりようじょのいたずらに本気出して対抗したりする裏でようじょを誘拐しようとする悪漢どもを人知れず始末してるやつください

・山奥の女学院に転任してきたオッサン先生が思春期の少女たちのからかうような嘲るような態度に翻弄されているうちに彼女たちが隠していたおぞましい秘密を知ってしまい美しくも残酷な方法でいたぶられたり殺されかけたりするホラーください昭和初期くらいで

・いたずらしたようじょを叱ろうと追いかけてたらようじょが狭い垣根の隙間を潜って逃げたので続いて潜ろうとして体が挟まり動けなくなってもがいているところを近所の人に発見されてぎこちない笑みで「ど、どーも…」と片手を上げるオッサンください

・ドームに囲まれた無菌都市で生まれ外の世界を見たことがないようじょが本で見かけた蝶に魅せられ本物を見てみたいと外を目指すも都市の陰謀に巻き込まれ追われる身となり、昔ドームが作られることになった原因の戦争に参加した元軍人のオッサンと出会って一緒に外を目指すやつください

・泥棒まがいのトレジャーハンターで生計を立てているオッサンが古代遺跡の鍵となるようじょを誘拐するもずっとモノとして扱われていて心を閉ざしたようじょと触れ合っていくうちに情が湧いてきて古代遺跡の謎を解くついでにようじょを管理していた組織に喧嘩を売るハメになるやつください

・怪盗少女とオッサン刑事が追いつ追われつしながらも相手の実力は認めていたり騙されて地団駄踏んだりたまに協力し合ったりひょんなことから密室に閉じ込められたり殺人事件の謎を解いたりオフで会ってるのに正体に気付いてなかったりなんかそういうシリーズください

・スチームパンクっぽい世界観である街の時計塔の管理をしている冴えないオッサン技師が突如飛行船で現れた謎の天才科学者ようじょに誘拐されて自分の昔馴染みでありようじょの父だった男がこの世のどこかに隠したとされる永久機関の設計図を探しに無理やり旅に連れて行かれるやつください

・しこたま飲んだ次の日の朝、外に遊びに行きたいようじょに起こされひどい二日酔いで布団から出られないでいるとフライングボディプレス+腹の上で足踏みのコンボをかまされ命の危機を感じるオッサンください

・ようじょ赤ずきんちゃんと狼オッサンはもうありそうなので、逆に「Red Hood」の異名を持つオッサン仕事人が組織の「グランマ」をガードする仕事を請け負ったら既にグランマは殺されており犯人は少女暗殺集団「wolves」の一人で…みたいな童話パロください猟師はボインの女スナイパーで

・離婚した妻のことが諦められないオッサンが元妻が行くと言っていた社交パーティーに行ってみるも既に他の男と付き合っていることが発覚し階段の踊り場でべそべそ泣いていたら見ず知らずのようじょがやってきて手を差し伸べられ微かに漏れ聞こえる音楽に合わせて二人でぎこちなく踊るやつください

・ようじょがぐずるから遊園地に連れて行くも一人で乗り物に乗るのが嫌だと駄々をこねられ満面の笑顔のようじょの後ろで仏頂面でメリーゴーランドに乗ってぐるぐる回るハメになるオッサンください

・ようじょを寝かしつけて行きつけのバーに出かけたオッサンだがいつの間にかようじょに付けられており「こんなとこ付いてくんな!帰れ!」「やだ」「ガキは寝る時間だろ」「一人じゃ寂しいもん」の押し問答の末観念してバーのママにノンアルコールカクテルを頼むオッサンください

・ようじょの好きなおやつがどれだったかど忘れしてしまいスーパーのお菓子売り場で小一時間ほど悶絶し店員に通報される寸前まで行くオッサンください

・ひどい雷に怖がって毛布にくるまったまま出てこないようじょにオッサンがあれは空に住んでる鬼さんがフィーバーしてるんだとかなんとかいう作り話をするも信じるわけもなく、でもオッサンの様子が必死なのでつい笑っちゃうようじょください

・ようじょが耳に手をつけて内緒話してくるのがくすぐったくて笑っちゃって怒られるオッサンください

・トラウマが甦っちゃってパニックになって蹲って泣き喚くようじょを抱きしめて必死に大丈夫、大丈夫と言い聞かせながら頭を撫でるオッサンください

・ようじょが毎朝凝った髪型を指定してくるのでだんだん編み込みやらおだんごやらのヘアアレンジが上手くなるオッサンください

・ようじょをからかうつもりで怖い話を聞かせたら夜中にトイレについてきてと泣きそうな声で起こされ眠い目をこすりながら話すんじゃなかったと後悔するオッサンください

・ようじょがおもちゃの口紅を塗ってオッサンのシャツにぶちゅってしてきて汚れるからやめなさいと怒ったら「こうしたら浮気しないってきいたもん」とか言うのでこんなことどこで覚えてきたのこの子は…と酸っぱい顔になるオッサンください

・めっちゃかっこいいバイクが爆音響かせて乗り込んできたと思ったら後ろにセットされたチャイルドシートにようじょが乗っててライダーのオッサンと全く同時にメット外して額を拭う真似までするやつください

・裏の仕事人的なオッサンが怪我して帰ってきてようじょにめちゃくちゃ心配されるんだけどいいからあっち行ってろって追い払って自分で傷の手当して倒れ込むように寝入ってしまい、起きたら包帯の上からよれよれの絆創膏がいくつも貼ってあるやつください

・テーマパークに行ったらようじょが思いの外大はしゃぎしてしまい耳付きヘアバンドを2つ買って一つをオッサンに差し出してくるので断りきれず装着し周囲をザワザワさせる強面のオッサンください

・作曲家のオッサンがスランプで周囲ともうまくいってなくてあいつも落ち目だなって笑われて飲んだくれては畜生畜生って泣いてるんだけどたまたま出会ったようじょがバケツとか木の枝とかでデタラメに奏でていたリズムに忘れかけていた音楽の楽しさを思い出して復帰する的なやつください

・可愛くしてあげる!とようじょに口紅やらファンデーションやらを塗りたくられ渋い顔ながらも為すがままになってるオッサンください

・ようじょの舌に合わせて作るからここ何年か辛口のカレーを食べていないオッサンください

・オッサンがようじょを連れて昔の女友達に会ったらようじょが嫉妬して話しかけられてもそっぽ向いたりしばらくオッサンにしがみついて離れなくなるやつください

・ようじょにスマホを与えて遊ばせてたら「これなーに?」とエロアプリを開こうとするのでこれまでの人生での瞬間最高速度を叩き出してスマホを奪取しマッハでエロアプリを消すオッサンください

・隣家が子供を虐待しているのを知っていながら見て見ぬふりをしてきたオッサンがある寒い日に傷だらけでベランダに放置されているようじょを見つけて思わず窓越しに自分の部屋に連れて来てしまいこれからどうすんだと頭を抱えるやつください

・オッサンがようじょを人質にとられてひどい目に合わされてようじょは顔を押さえつけられてその光景を無理やり見せられたりするんだけどアイコンタクトとか二人にしか通じない暗号とかで機転を効かせてピンチを脱出するやつください

・亡き妻と交わした結婚指輪をずっと付けてるオッサンの左手の薬指にようじょがシロツメクサの指輪をはめてくれるんだけどオッサンは「重婚になっちまうじゃねえか」ってすぐ外しちゃってそれでも枯れてしおしおになるまで机の上に大事に置いておくやつください

・なんの取り柄もない城勤めのオッサン兵士がようじょ王女様が脱走するところを見かけてしまい黙ってないとクビにすると言われて無理やりお忍び城下見学のお供をさせられる展開とか王道ですよね

・たとえばオッサンとようじょが敵に追われて高層ビルのてっぺんから落ちて、オッサンがようじょだけでも守ろうとして必死な顔で小さな体をぎゅっと掻き抱くとかいいですよね もちろんこの後ヘリで駆け付けた仲間のおねーちゃんが助けます

・血の繋がってないようじょを引き取って育ててるオッサンがある日ようじょを幼稚園に迎えに行ったら壁に「パパとママの顔」って題で園児の絵が貼ってあって、あの子の両親はもう…って思ってたらようじょの絵には拙い男性の姿とオッサンの名前が描いてあって今日はもう飲むしかねえって感じ

・一緒に映画見ててラブシーンになるとさり気なくようじょの目を手で覆うオッサンください

・まだようじょが一人で髪を洗えないのでシャンプーハット+タオルの完全武装でオッサンに洗ってもらってるやつください

・ようじょを小脇に抱えて必死に逃げるオッサンください

・ようじょが無理やり見せてくるので朝の女児向けアニメの内容を覚えてしまいたまたま仕事場で話を振られたときにやけに詳しく答えたせいでえっ何この人見てるの…?と疑われるオッサンください

・ようじょがテレビの「みんなで踊ろう!」的な振り付けを覚えられなくて悔しくて泣いて寝ちゃってる間に録画してたやつを密かに練習して完璧にしてようじょに教えてあげるオッサンください

・物心ついたときからあだ名や二つ名でしか呼ばれたことがないオッサンがようじょに本当の名前を知られてしまい舌っ足らずな口調で何十年ぶりかの名前を呼ばれてうぐってなっちゃうやつください

・バリバリ前衛野生児ようじょとひ弱後衛回復系オッサンでキャラメイクしてダンジョンに潜りたい

・オッサンが中古の家庭用アンドロイドを買ったはずなのに手違いで届いたのはようじょ型アンドロイド兵器で、新製品の秘密を知ったオッサンが兵器会社から狙われるのをようじょアンドロイドが守ったり、人間として扱ってくるオッサンにようじょがこんなのデータにないと戸惑ったりするやつください

・不器用なオッサンが熱を出したり眠っちゃったようじょをよっこらせ、と肩に担ぎ上げるので周囲が(違う…!)(そうじゃない!!!)と真顔になるやつください ※正解:お姫様抱っこ

・少女が「おじさんの髭、剃ってあげる」と膝に乗って剃刀を頬に当ててくるので傷をつけられないかひやひやするオッサンと自分では誘惑してるつもりの少女ください

・ゾンビ撃つゲームを1Pようじょ、2Pオッサンでやってて「それ、頭じゃなくて胸弱点だよ」「わかってるよ!当たらねえんだよ!」「仕事でいっぱい撃ってるじゃん」「いや本物とはちょっと勝手が違って」みたいなのください

・ようじょがオッサンの料理手伝う!と息巻いて子供用包丁で玉ねぎ切ったりするんだけど案の定目に染みて泣いちゃってうわーんってなりながらオッサンのエプロンの裾で顔をゴシゴシ拭くやつください

・ようじょがオッサンの眼鏡をかけて、オッサンがいつも読んでる難しい本をひっぱり出してきて、オッサンの座っている椅子に腰掛けて、漢字が読めないので気取った顔でひらがなだけ拾い読みしてるとこをオッサンに見つかって恥ずかしがってオッサンの腹とかポカポカするといい

・ようじょがオッサンの大事にしてたレコードプレイヤーを壊しちゃって叱ったら「だって…だって…おじさんがいつも聞いてる曲、また聴きたいと思って…!」って泣きながら謝るのでそれ以上強く言えなくなるオッサンください 後で二人で新しいの買いに行けばいいと思います

・昔オッサンの大事にしてたものを壊してしまったことを理由に体で払ってあげると迫る少女とはいはい出世払いでいいからねとすげなく躱すオッサンください

・嫌がるようじょを無理やり歯医者に連れて行ったらあまりに泣き喚くのでとうとう診察台のところまで行ってしまいようじょに腕を掴まれて治療が終わるまで待つことになり歯医者さんと気まずい会話を交わすオッサンください

・ようじょがオッサンのすることをとにかく真似したがり、いつも飲んでるからおいしいに違いないとお酒を飲んでえらいことになったので家に酒を置かないためにやむなく禁酒するハメになるオッサンください

・先祖代々の呪いのせいで迫害されてきたオッサンがとうとう村人から私刑を受けそうになって近隣から恐れられている森の魔女の家に逃げ込んだら魔女は実はようじょで使い魔として働くことになるやつください 呪いは狼に変身するとかそういうやつでたまに魔女ようじょを乗っけてお出かけしたりするやつ

・画家のオッサンのアトリエに遊びに来るようじょが勝手にキャンバスに落書きしちゃってオッサンはめちゃくちゃ怒るんだけどなんとなくその絵をとっておいて次の自分の個展のとき隅っこに「小さき友より」とかなんとかいう題で飾っておくやつください

・突然の低血糖の発作に陥ったオッサンが通りがかったようじょに飴をもらって一命を取り留めるも、後でお礼をしようと同じ場所に立ち寄ってもそんな子供はこの辺りにはいないと言われ、飴の包み紙を調べてもどのメーカーでも製造していないものだとわかるそんな話ください

・オッサンがようじょを守りながら目的地まで送り届ける依頼を受けるもあと一歩のところで腹に銃弾くらって動けなくなって、泣きじゃくるようじょの頭を震える手で撫でながら「…あとは、一人で行けるな?」って言ったらようじょは涙の浮かぶ目でそれでもきっぱりと頷いて駆け出すやつください

・オッサンがようじょにビーズとかリボンとかで一生懸命作った大変かわいらしいストラップを貰って携帯に付け、外で電話に出て取引先の人に二度見されるやつください

・オッサンとようじょが何か巨大な怪獣とかロボとかから必死に逃げてる最中不意にオッサンの方に寄ったようじょがぴょんっと背中に飛びついてタダ乗りしオッサンが目を剥いてスピードアップする一連の流れに軽快なBGMを添えて

・寒村の殺人事件を捜査しに呼ばれたオッサン探偵が土蔵に閉じ込められている着物ようじょの助言でなんとか事件を解決しようじょを助けて村を脱出するも実は裏で全てを操っていたのはそのようじょで…みたいなホラーミステリください

・ようじょがテーブルの下にシーツとかクッションでひみつきちを作ってオッサンを招待してままごとのお茶を振る舞うんだけどオッサンは入りきれなくてテーブルから足がはみ出てるやつください

・ようじょがオッサンのほっぺとか額とかにちゅっちゅしてて口にちゅーしようとしたらオッサンが「そこはほんとに好きな人のためにとっときなさい」って頭を押しのけるやつください

・大災害とかで文明が崩壊して見渡す限りの廃墟でみんな野盗みたいな生活してる近未来に一人小説を書き続けるオッサンがいて、ある日物資を奪いに来たゲリラ隊のようじょがそれを読んで初めて「物語」を知りその続きをせがむやつください

・仮面とか被り物とかで顔を隠しているオッサンがようじょに仮面をぐいぐい引っ張られて「…やめなさい」「こら。やめなさいと言っている」って窘めてるんだけど強く叱るわけでもないしようじょから離れるわけでもないし引っ張られすぎて髭の生えた顎先がちょっと見えてるみたいなやつください

・ようじょの母親を幼少期に守っていたオッサンアンドロイドが久々に起動されて子のようじょを守ることになり、誤認識でずっと母親の名前で呼んでるんだけどようじょが命の危機に陥ったとき初めて名前を認識して旧型とは思えない動きを見せるみたいなやつください

・普通の性格かちょっと気弱だったりするぐらいのオッサン従者がようじょ主君のためにどんな汚れ仕事も人殺しも厭わないほどの冷徹で完璧な下僕に仕上がっていく過程と結果を丁寧に並べてファイリングしたい

・人形師のオッサンが死んだ娘に似せて自身の最高傑作と評してもいいくらいの出来の人形を作るんだけどそれが突然動いて喋り出してしかも娘とは似ても似つかぬ性格だったためどうしてこうなったみたいな現代版ピノキオとかようじょ版ア○ム的な話ください

・トレジャーハンターのオッサンが確保した宝をライバル会社の少女エージェントに奪われるもダミーだとわかり「本物はどこに隠したの」「さあね…胸の谷間でも調べてみるかい?」とか軽口叩いてたら脇腹に銃弾食らって「次は頭よ」と脅されるという夢を見たので続きを見られる方法を探しています

・城の前で行き倒れていたところをようじょ姫に拾われて「姫!お守りしますぞ!」と過保護なくらい慕ってくる異国のオッサン戦士と、かっこいい騎士が欲しかったのにむさいオッサンに付きまとわれてうんざりしてるようじょ姫だけど姫に危険が迫るとオッサン戦士がブチ切れてめっちゃ強くなるやつ

・サイボーグとかロボオッサンが敵の裏をかくためとか施設に侵入するために最低限の機能だけ残して体を軽量化して体内のスペースにようじょを匿うシチュがほしいんですよ 腹の蓋をパカっと開いたらようじょがこんにちはするんですよ

・雨の中お気に入りの洋服で出かけるものだから案の定ドロドロに汚して帰ってきたようじょが、叱られたことよりもオッサンに買ってもらった服を汚してしまったことに落ち込んでわんわん泣いてるので洗剤や柔軟剤をフル動員してピカピカに洗濯してやるオッサンください

・仏頂面で座ってるオッサンがいるじゃないですか?ようじょをその背中に登らせるじゃないですか?オッサン迷惑そうにしつつも満更でもない顔になるじゃないですか?世界に光が満ち溢れるじゃないですか?

・孤独な復讐者のオッサンと、オッサンの死んだ娘にそっくりな顔をしたようじょ兵器との死闘ください 壮絶な表情でようじょ兵器にとどめを刺すオッサンもいいし拳で語り合った後なんか懐かれてドタバタ日常に以降するパターンでもいいです

・突然の雨!!!一本きりの傘!!!相合傘しようとするも絶望的な身長差!!!屈むオッサン!!!濡れる肩!!!ひらめくようじょ!!!傘を持ったようじょを抱っこするオッサン!!!満足そうなようじょ!!!照れるオッサン!!!解決!!!

・ぐずるようじょにやっと履かせた靴を部屋の隅まで蹴り飛ばされて背中を丸めて取りに行くオッサンください

・なんかな、近未来SFぽい世界観でな、主人公チームと対立する敵組織の中にようじょを首魁とする非合法組織があってな、そこが抱えている特殊能力者がオッサンでな、ようじょに忠誠を誓ってる感じのやつな、ください

・「酒は駄目なものだ」って覚えちゃったようじょが探偵オッサンの大事にしてた酒を隠してしまい「所詮ガキのやることだな!こちとら本業だぞ!」って余裕こいて探しても全然見つからずだんだん焦り始めるオッサンください 最初の場所の少し奥に移動してただけというオチ(オッサンに習った)

・あーーー!ようじょ主人に仕えてるガタイのいい有能オッサン部下を引き抜こうとして報酬やら美女やらを用意しても微塵もなびかなくて焦ってたらようじょ主人を守ったオッサン部下がご褒美にと頭なでなでしてもらって顔を綻ばせるのを見て納得いったように頷いて立ち去りてえーーー!!

・一番好きなバリアの張り方は、圧倒的な攻撃に晒されたようじょをオッサンが抱きかかえて攻撃に背を向けてぎゅっと目をつぶって守ろうとしたらようじょがすっと手を上げてその瞬間超強力なバリアがキュバッ!て張られて攻撃をキュインキュインキュイン!て跳ね返すやつですね

・吸血鬼ようじょが仕事中のオッサンにのしかかって血をねだるけどオッサンは仕事しながらはいはいちょっとだけだよと手だけ向けるので首から吸いたいようじょに怒られるやつ でも仕事中断しないから仕方なく指から吸うやつ 吸ってるうちに寝ちゃうやつ

・オッサンをアイスクリーム屋へ連れて行き、ラブとかストロベリーとかハートとかポップとかついた可愛い名前のフレーバーばかり野太いしゃがれ声で注文させる刑に処すようじょください

・透視能力を持つオッサンがようじょの集めてる中身ランダムの食玩選別に本気で能力使うとか!他人の心を操るチート悪役オッサンがようじょをいじめる子にガチのマインドコントロールしてようじょの下僕に仕立てる(後でようじょに怒られて戻す)とか!わかるか!!そういう無駄パッションが!!!

・もし西遊記を孫悟空オッサンで三蔵法師ようじょでパロしたら、腕は立つけど性格に難ありオッサンをようじょがおしおきシステムで制御する痛快世直しアクションロードムービーという最高オブ最高なものができあがってしまうのでは???

・ようじょが白雪姫を読んで毎朝キスで起こしに来るようになってしまったためアラームを三個ぐらいセットして必ずようじょより先に起きるオッサン

・ようじょ主君に普段モノのように扱われてるオッサン従者がひどいケガして帰ってきたらようじょ主君が「誰にやられたの?」て聞くから軽く答えたら後日その相手がえぐい殺され方をされたと聞きひえってなるオッサン従者と「私のおもちゃに手を出すからよ」って笑ってるようじょ主君

・オッサンが大切にしているようじょを人質にとって遊園地に連れて行きその様子をビデオでオッサンに見せ「合図一つでこの子の命はないぞ」と脅して情報を吐かせようとするも何かを察したようじょが気付かれないよう仲間に連絡をしそれが元で助けられたオッサンに壊滅させられる悪の組織の親玉やりたい

・あの、ほら、隻腕のオッサン戦士とか片足義足のオッサン海賊とかが天気悪い日に幻肢痛で苦しんでるとき、ようじょが傷口をなでなでしながら「いたいのいたいのとんでけー」って言ってる場面だけで丼ご飯5杯くらい軽いみたいなところあるじゃないですか?

・ようじょが舌っ足らずな声で歌ってる歌の英語歌詞があったのを思い出してなんの気無しに低い声で呟くように歌い出すオッサンと、「何それ教えて!」と教わってたどたどしい英語で歌うようじょください 個人的なイチオシは「Puff, the magic dragon」ですね

・「Puff, the magic dragon」ごっこするオッサンとようじょやばくないですか ようじょは意味とか全く気にせず歌いながら毛布の海を冒険してるのに、勝手にちょっと切なくなってマットレスで作ったほこらの中で寂しそうに笑ってるオッサン

・子攫いの怪人オッサンがある日拐かしてきたようじょがとんでもない知能派のクソガキで、散々おもちゃにされ翻弄され日に日に消耗していき警察に自首するまでのギャグください

一、オッサンは少女にただひたすら尽くし奉仕する存在でなければならない
一、オッサンは少女の人生のマイルストーンや転換点になればこそ、障害になってはならない
一、オッサンは少女に情欲を抱いてはならない
一、オッサンは自らを犠牲にして少女に生きることのなんたるかを教えねばならない

「オサようくれ」
「そうじゃないだろ」
「ひょんなことから世界の命運を握る謎のようじょを命を懸けて守るハメになった元運び屋のオッサンと謎の力以外はただのクソガキであるようじょが戦いと日常を通じて次第に絆を深め合っていくやつくれ」
「そうだそれでいい」

「眠れないのか」
「うん、お歌うたって」
「何がいい」
「ビートルズ」
「…もっと可愛いやつじゃなくていいのか」
「おじさんのCDそれしかないんだもん」
「わかったよ、どの曲だ」
「ア・ハード・デイズ・ナイト」
「今日幼稚園で何かあったのか…?」

季節ネタ・春

・降ってくる桜の花びらを取ろうと一生懸命飛び上がったり手をばっちんばっちんさせてるようじょの後ろでパーカーのフードの中に花びらが入ったことを教えようかどうか迷っているオッサンください

・預かってるようじょの小学校入学式に出席したら周りの親たちとあまりに歳が違いすぎて「…若いおじいちゃんかしら?」「遅くに授かった子なのかな」とひそひそされいたたまれなくなるも、式が終わったようじょが満面の笑顔で走ってくるのを見て全部どうでもよくなっちゃうオッサンください

・花粉症のためマスクとサングラスの完全防備でようじょと外に出ると通報される確率が5割増しになるのでこの季節が憂鬱なオッサンください

・雛人形をしまい忘れると婚期が遅れるという言い伝えを数日後に知り、慌てて人形をしまいながら「俺のせいで結婚できなかったらごめんな…」と謝るオッサンと「もし結婚できなかったらおじさんもらうからいいよ」と言い放つようじょください

・エイプリルフールだからってオッサンがようじょに「実は俺は密かに街を守るヒーローだったのだ…」と嘘をつくけどようじょは笑って「知ってるよ。おじさんはいつも私を守ってくれるよね」と言われ嘘だとも言えず真っ赤になっちゃうオサようください

・「お雛様飾らないの?」 「そんな豪勢なものあるかよ…(折り折り)ガキは紙雛でも拝んでな」 「…これもっと作って!」 「え」 「5段にする!」 「」 プルルルル 『調達屋か。千代紙を用意しろ。きれいなやつをありったけだ』 「文房具屋に言ってくんない?」

季節ネタ・夏

・寝るときようじょがオッサンのパジャマぎゅってしてて夜中にオッサンが目を覚ますとタオルケット蹴飛ばして汗だくで腹出して寝てるからタオルケットかけなおしてあげるオッサンください

・庭の草むしりするオッサンと花に水やりしてたはずが途中から泥んこ遊びになってしまったようじょがお昼に縁側で素麺とスイカ食べてそのまま添うようにお昼寝しちゃうやつください

・暑い日に氷ガリガリしながら涼んでたらようじょに背中に氷入れられてヒャーーー!!てなるオッサンください

・暑いからミニプール出して!ってようじょにせがまれて空気を入れようとするもポンプが壊れており仕方なく息で最後まで膨らませ、ふりふり水着でキャッキャするようじょの横で汗だくで死んでるオッサンください

・扇風機の前に並んで座り、扇風機が自分のところに首を振る度に「あ゛ー」「あ゛ー」「ワレワレハウチュウジンダー」「ウチュウジンダー」とかやってるオッサンようじょください

・夏祭りにようじょを連れて行ったらあれ飼いたい!と金魚掬いに挑戦するも全然採れなくてお小遣い全部使っちゃったようじょが涙目になってきたので年甲斐もなくムキになるオッサンください 金魚は一匹採れました

・花火セット買ってきてどれだけいっぺんにできるか試したり落下傘花火をキャッチしようとしたりねずみ花火に驚いて逃げまわったり線香花火がくっついちゃったりするオッサンとようじょください

・ようじょがお化け屋敷入りたい!と勇んで踏み込むのを嫌な予感がしながら眺めていると案の定最初の部屋で動けなくなっており目をつぶって耳をふさいでいるようじょを抱っこして出口に向かいながらこれ意味ないんじゃないかなあと思っているオッサンください

・海でもキャンプでもいいんですけどめいっぱい遊んで疲れて半分寝かけちゃったようじょをオッサンがおんぶして「楽しかったか?」「…ん」「また来ような」「んー…」って生返事な会話してるのすげえ尊いですよね

・虫に刺されて「かゆいよー」「かいちゃだめ」「なんで?」「もっと腫れるから」「どのくらい?」「うーん、風船くらい」「えっ」「風船くらい腫れて飛んでっちゃうぞ」「飛ばないもん!」って会話したあとぎゅってオッサンの服握って「さっきちょっとかいちゃったからつかまってる」っていうようじょ

・虫に刺されちゃったようじょにオッサンがスースーする薬塗ってあげたらヒャーって足バタバタさせるようじょください

・庭の青い紫陽花を見てピンクの紫陽花も見たいと言うようじょに、昔見たドラマを真似して古い拳銃を紫陽花の下に埋めるオッサンください

・夏バテで「ごめん、なにかさっぱりしたもの買ってきて…」とようじょちゃんにおつかいを頼むも「おじさんこれ好きだったよね!」と麻婆豆腐とか唐揚げとかを買って来られ何も言えず瀕死の状態で完食するオッサンと、お釣りで買ってきたお菓子をデザートに食べてるようじょ

・父の日にオッサンがようじょから何か貰えるかとわくわくしてたら「え?だっておじさん私のパパじゃないでしょ」と言われ絶望しつつも自分を納得させようとしていると「だから今日はうちだけおじさんの日だよ」と折り紙のメダルと似顔絵を渡されベランダで煙草吸いながら号泣しろ

季節ネタ・秋

・オッサン下級神がようじょ巫女を連れて久々に出雲に行ったら周りの神たちにそれどこで拐かしたんだってざわざわされるやつください

・ようじょが運動会の父兄参加種目に出てってオッサンに頼んだら本当の父親じゃないのを理由に断られるんだけど当日ようじょが寂しそうにしてたら飛び入りでオッサンが参加してきて嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねながら応援するやつください

・少女が運動会の借り物競走で引いた札が「好きな人」だったので全くためらいなく客席のオッサンを引っ張ってゴールまで走っていくやつください

・少女が国語の授業で習った「月が綺麗ですね」作戦をオッサンに対して決行するがオッサンは「そうだなー団子でも買ってくるかー」と返すのでこの教養なしが…とがっかりする少女だけどオッサンは内心うまくごまかせたかひやひやしているやつください

・頑固オッサンの家に突然かぼちゃのかぶりものをしたようじょがやってきて「トリックオアトリート!」って満面の笑みで言うから追いだそうとしたらようじょが涙目になり仕方なく戸棚をあさって謎ゼリー(オブラート包み)を与えたら思いの外嬉しそうにするので怯むやつください

・カニとか栗とかをひたすら剥くオッサンと剥いた身を横からひたすら食べるようじょください

・ようじょに焼き芋が食べたいと言われ屋台のトラックを追いかけるもののどうやっても追いつけず仕方なく庭で寒さに鼻の頭を赤くしながら芋を焼くオッサンください

・紅葉狩りに行ってきたようじょが「お土産!私の手とおんなじ大きさだよ!」とくれた紅葉の葉をなんとなく枯らすには惜しくて本に挟んで押し葉にするオッサンください 和服がいいですね

季節ネタ・冬

・二人でこたつに入ってだらだらテレビを見ながらみかん食べてたら無くなったのでどっちが玄関のみかんを取りに行くかで揉めてこたつの中で足相撲してるオッサンようじょください

・寒いから外に出たくないのに積もった雪にテンション上がったようじょに引っぱり出されて雪玉をぶつけられ、それでも付き合わずに帰ろうとしたら背中に雪を入れられてヒャアッとなりついムキになってガチの雪合戦してしまうオッサンください

・雪の降り積もった朝、ようじょを起こさないようにそっとベッドを抜け出て鼻の頭を赤くしながら雪かきしてたらパジャマにコート羽織ったようじょが眠そうな顔で出てきて「…手伝う?」って言うので「いいから寝てろ」って追い返すオッサンください

・クリスマスイブにようじょに「今日は早く寝ること!」って言われて無理やり寝かしつけられ、全然眠れずにベッドで寝返りをうっていたら夜中にこっそりようじょが部屋に入ってきて枕元に何度も包み直してしわくちゃになったらしい箱を置くのを見て必死で寝たふりをするオッサンください

・「この歳でサンタなんて信じてるわけないでしょ。子どもじゃあるまいし」って言ってるおませなようじょがクリスマスイブに何故か早寝するのでひっそり笑いを堪えながらツリーの下にプレゼントを置くオッサンください

・あるようじょのために組織を足抜けしてやっと平穏な生活を手に入れて家に帰る途中ふと「そういえば明日はクリスマスだったな…」とようじょに何か買ってやろうと思った瞬間後ろから消音装置付きの銃で撃たれる運命のオッサンたちが無事にようじょの元へ帰れるようにしてくださいお願いしますサンタさん

・イブの深夜に二人用パックのチキンを買って行ったオッサンをなんとなく気になって眺めていたら外に停めてある車の中でようじょがほっぺを窓ガラスにぺったりくっつけてオッサンを待ってる様を目撃してしまうチキン屋のバイトになりたかった

・雪降る街を大きなぬいぐるみを抱えて走るオッサンが見られる時期になってまいりました

・オッサンがようじょのほしいおもちゃを知ろうとしてそれとなく質問したりサンタさんへのお手紙を盗み見ようとしたりようじょはようじょでサンタさん以外に言う必要あるの?って教えてくれない攻防戦が繰り広げられる季節ですね

・「大きなクマさんだ!サンタさんありがとう!」「よかったな」「おじさんは?サンタさん来なかったの?」「俺は大人だからもうプレゼントはいいんだ」「…あのね、小さいクマさんなら、ちょっと貸してあげる。貸すだけだよ!ちゃんと返してね」「いや、そんな…ああ、まあ、ありがとう」

・「なんで年越しにおそば食べるの?」「細くて長く続くから、『末永くよろしく』って意味で食う…んだったはず…」「ふーん」「引っ越しそばだったかな」「…来年も一緒におそば食べようね」「ああ」「ながーいやつね」「わかった」

・二人で初詣に行ってオッサンがようじょにお賽銭用の5円玉を渡そうとするんだけどようじょが素早く千円札を抜き出して賽銭箱に入れてしまって「何すんだよ!」って怒るんだけどようじょは実はこっそり「おじさんとずっと一緒にいられますように」ってお願いしていた的なやつください

・初詣に行ったらようじょが無料で配られていたお神酒を甘酒と間違って飲んでしまいぐでんぐでんになってケタケタ笑ってるのをつまみ上げて連れて帰るオッサンだけどいつもはツンツンしてるようじょが回らない舌で大好き大好き言いながらちゅっちゅしてくるから捕まりそうで気が気じゃないオッサン

・「…で、この台所の惨状はどう説明する気だ」「…バレンタイン…」「ココアの粉を溶かしてもチョコにはなりません」「そうなの?」「あーあ、一袋使い切っちまって…しばらくおやつはココアオンリーだな」「マシュマロ入れる!買いに行こ!」「ホワイトデーも前借りか、全くいい度胸だ」

・「そっか、バレンタインだもんな」「…ん」「わざわざお店まで行ったのか」「ん」「でもお金足りなかったんだな」「…ん」「チロル買ってきたのか」「ん」「そうかあ…」「…」「…半分こしようか」「…!ん!」